2008年10月11日

長期で海外出張の準備

海外出張で長期というと大体は一年以上では。

長期の海外出張で現地に滞在することになったとき
家具や家電のついた短期の賃貸物件を借り。

これがコストが安く済む手段。

01.jpg

海外では一週間を超えて滞在する際、
家具つきのアパートを借りるのが普通。


洗濯や食事作り等は自分でし、
自宅のようにくつろげるので
仕事で疲れた体も休まりたすかる。


長期の海外出張の際は現地で使用する飛行機が
大幅に遅れたりキャンセルされたりというトラブルが
つきもの。


飛行機会社によっては代わりに
昼食の無料券をくれたり日本の関連の航空会社だと
夜遅くに目的地についてしまった際には
ホテルに会社負担で泊めてくれることもある。

ただし、補償はない。

また長期出張の場合は現地の通過で決済のできる
クレジットカード
クレジットカードを作るようにすると便利。


帰国の際には一年以上海外で生活していた場合には
本人やその家族が使用していたものに
限り一定の範囲内で税金が免除される。


国際空港(第一種空港)は以下の5つ。
成田国際空港
関西国際空港
中部国際空港
東京国際空港
大阪国際空港
posted by グリーンカード at 22:19 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20904836
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック